相続の放棄

相続するかどうかを選ぶ権利

身内が亡くなって、遺族になるのは大変なことで、財産の状態や借金がどのくらいあったかすら把握しきれないことがたくさんあります。
財産がどれだけあっても、全部清算したらマイナスになって、持ち出しになってしまうような場合には相続しないほうがよほど楽です。
相続があったら必ず財産債務を相続しなくてはならないわけではなくて、相続する形は相続人に選ぶ権利があります。

相続の放棄

財産の合計金額よりも負債の合計金額のほうが多い場合は相続を放棄することができます。
相続の放棄は、家庭裁判所に「事故のために相続の開始があったことを知った日から3か月以内」に申述しないと成立しません。
これは、誰かが相続の放棄をしたために相続人になってしまうケースも同様です。

限定承認

財産の合計金額よりも負債の合計金額のほうが多いかどうかわからない場合には、相続した財産の範囲内で債務を弁済する形の、限定承認を相続人全員で選ぶことができます。
相続の放棄は自分だけ単独でもすることができますが、限定承認は相続人全員でしなくてはいけません。限定承認をして、先祖からの土地建物を売却するような場合には、相続税とは別に譲渡所得の所得税が相続人にかかることがります。そのため余分に気を付けなくてはいけないことになり、実際に限定承認を使う人は少ないようです。限定承認も家庭裁判所に「事故のために相続の開始があったことを知った日から3か月以内」に申述しないと成立しません。

単純承認

相続の放棄や、限定承認をしない人は、そのまま財産債務を相続することになります。
遺産分割協議書で相続財産がゼロでも、あとから何が出てくるかわかりません。
財産を相続しない人は、必ず相続の放棄をしておくことをお勧めしています。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.