年末調整

年間38時間の研修

税理士は年間38時間の研修の受講が義務付けられています。
受講カードがあるのですが、車の運転免許証と同じように青いカードとゴールドカードがあって、年38時間を超える受講をしているとゴールドのカードになります。受講をすれば理解できているかといえばそんなことはないのですが、受講していい話を聞いたというだけでも、その税理士が勉強しようとしているとい一つの目安にはなる子もしれません。みなさん法改正があった事項や、興味のある税目、苦手な分野を中心に出席しています。

年末調整の研修

そんな研修が多い中、今年は10年ぶりくらいに年末調整の説明会に出席しました。
どんどん年末調整は難しくなっていて、今年からわかりにくくなりました。
従来は
「扶養控除等(異動)申告書」
「給与所得者の保険料控除等申告書」
だけだったのですが、配偶者のところが複雑になったため、今年から配偶者控除を受ける人は
「給与所得者の配偶者控除等申告書」
も必要になりました。
すべての必要な情報が整理されていないため、研修に出てしまうのが手っ取り早いのです。
今回の研修では年末調整が良くわかるページが、紹介されました。こういうページがあるのを知っていれば、いつでも確認できて良いかもしれません。せっかくなので年末調整の仕方のトップページにでも記載しておけばいいですよね。

研修に出られないときはネットで確認

でも、研修の日に予定が入っていればそんなことは言っていられません。そんな時はどうしたらいいでしょうか?
というときのために、最近では国税庁も動画配信をするようになりました。
国税庁Web-TAX-TV とネットで検索すると出てきます。
年末調整のことばかりでなく、確定申告や、マイナンバーなどのことが動画になって解説されています。

面倒なことは人に頼んでおけばいい?

こんなものを見なくても、税金のことなんて税理士にやってもらえば良いんだとか、面倒なことは社員に任せればいいと言う人もいますが、税金って身の回りのことです。最低限の知識がないと、損していても気が付きません。
自分で理解していないと部下に指示も出せません。文章を読むのが苦手でも動画なら耳からも入ってきますから理解の手助けになります。
税金は国民全員に関係あることです。無料で確認できるものですからこういうページはちょっと時間を作ってみておきたいですね。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.