チャットサービスを利用してみたみずほ銀行の「うれしい特典」について調べていました。この特典は、みずほダイレクトを使っている人が、振込手数料が無料になるなどの特典を受けられるサービスです。

預金金利がほとんどつかない時代ですから、振込手数料が無料というのはとても魅力があります。

去年この特典を受ける要件が変わったのですが、しっかり確認していませんでした。普遍的なルールというのはありません。その時にベストな選択をしていても、後になってベストでなくなる事も多いものです。

こんな画像です。
または、または、と記載されていますが、なんとなくわかりづらく感じます。

結論からすると、
給与の受け取りもなくて、
25歳以上の人のケースでは、
みずほダイレクトの利用があり
月末残高が30万円あれば良い
若しくは
みずほダイレクトの利用があり
クレジットカードの利用があれば良い
ということになります。

月末残高が30万円用意できれば、クレジットカードの利用自体はは1パーセント引きになるカードを利用するのが良いなと思います。

以前は公共料金の引き落としの引き落としの要件があったと思います。それが外れたので、こういう結論になりました。

この、ページを見ていて、一つ試して見たのが、チャットサービスです。ページを見ていると、「何かお困りですか?」と語りかけられました。

「チャットで相談する」を押すとチャットがはじまります。

電話と違って、話しかけるとすぐに答えてくれるので、通話までのストレスが少ないのが特徴です。相手の人のタイピングスピードによって、なかなか返事が返ってこないことがありますが、あまり遅い時は会話を終了します。うまく使えるようになっておきたいサービスです。

今回、チャットサービスを利用して電話と違って良いなと思ったのは、リンクを送れることです。電話ではリンク先に到達するまでかなり時間がかかります。チャットサービスは経験がないと、なかなか難しいので、機会があれば使ってみるのがいいと思います。

これからもっといろんなサービスがでてくるかもしれません。何でも機会があれば試してみて、自分の目で良い悪いの判断をするのは大切なことですね。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

コメントを残す