iPhone に取り込んだ後のデポジット

モバイルスイカは使いやすい

iPhoneでモバイルスイカが使えるようになって、便利さを実感しています。基本的には昔、ソフトバンクのガラケーで使っていた時のような使い方をしていますが、これからはアップルペイの中にクレカを取り込んで、クレジットカードは持ち歩かないようになりそうです。

私のデポジットはどこ?

iPhoneに取り込んだ後時に思っていたのが、iPhoneに取り込んだ後のスイカカードの500デポジットは、JRみどりの窓口に並んで返金してもらうのが大変だなということでした。時間があるときに並べばよいなと思って、スイカカードを財布に入れて持ち歩いていましたが、これは間違いでした。

デポジットはチャージされていた

調べてみると500円分は自動的にチャージされると書いてあります。それはどうやって確認したらよいのかなと思って、モバイルスイカの利用履歴を見ると、スイカに取り込んだ後の500円のデポジットを確認することができました。(やった!)

利用履歴の確認と保存は必須

私のモバイルスイカは事業用のものなので、スイカを使った時の利用履歴を残す必要があります。スイカは電車に乗る以外の各種支払いに使うことができます。ですからスイカのチャージ金額をそのまま旅費交通費として処理するのであれば、利用明細をきちんと取っておく必要があるのです。特に消費税の本則課税を利用している事業者さんは必須となります。

半年以内に確認する

利用履歴は半年間見ることができますから、最低でも半年に1度はモバイルスイカにログインして利用履歴を確認するように、予定表に入れておきたいものですね。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.