高麗神社を参拝しました

高麗神社を参拝しました

ひぐらしの鳴き声が響く中、埼玉県日高市にある高麗神社を参拝しました。写真は一ノ鳥居です。

高麗神社の主祭神は、かつて朝鮮半島北部に栄えた高句麗からの渡来人高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)です。

ご利益がある神社で、お賽銭を入れる箱の上に、大勢の人の名刺が置いてありました。出世を願って名刺を置いて行くようです。こんな神社は初めてです。

私は名刺を持って行かなかったので、置いてくることはありませんでしたが、次回は持参したいと思います。

高麗神社の帰り道の、道端で榊を買って帰りました。我が家の近所に売っているものとは比べ物にならないほど立派で、神社の近くの山で採ってきた榊らしく、しばらく青々としていました。

さすがに3週間は持たないだろうと思っていましたが、一部カサカサになった榊を切ると、3週間経ってもまだ元気で、こんなに違うものなのかと改めて感じました。

高麗神社に参拝した、浜口雄幸、若槻禮次郎、斉藤実、小磯国昭、平沼騏一郎、鳩山一郎らが参拝後相次いで総理大臣となり「出世明神」といわれています。

私が参拝したとき、天皇皇后両陛下がご訪問される予定という告知がされていました。

また、ゆっくり訪れたい神社です。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Add a Comment