消費税の改正に向けて〜軽減税率〜

ご存知の通り、消費税10%への増税は既に2回延期されています。今、2019年10月からの予定になっています。

低所得者への配慮

今回何も準備しないで実施されると事業者は大混乱になります。そろそろ準備を始めたいところです。

今回の増税は、低所得者の負担は計り知れません。どういうことかというと、収入が少ない人は、収入のほとんどを消費に回していると考えられます。そうすると、収入の多い人と比べて、収入に対する消費税の負担が大きくなるのです。

所得税や市町村民税は、低所得者は税金がかかっていないケースが多いのですが、消費税は一律です。

これ以上負担を増やさないために何かしなくてはいけないという事で、食料品の税率は8%に据え置こうということになりました。

消費税の軽減税率

いま、言われているのは、この軽減税率は、無駄な負担が増えるだけの取り組みであるということです。

私もそう思います。
低所得者への配慮なら、低所得者に、交付金を出すだけですむのです。

それが、軽減税率を使うことで、飲食店でテイクアウトするか、店内飲食するかで、税率が変わります。

100円のおにぎりをコンビニで買って持ち帰れば108円。
店内飲食したら110円。レジでテイクアウトかどうかを申告して決定します。

正直に自己申告するひとはいない

みんなレジではテイクアウトって言いますよね。テイクアウトのつもりだったけど気が変わって店内で食べていることにすれば良いんですから。

お店側では、事によるとテイクアウトと店内飲食での価格差がでる問題を回避するために、一律の値段(例えば110円)に統一してしまうやり方をする可能性もあります。

実は、ドイツのマクドナルドでは、税込で統一価格を使っています。

そうすると、軽減税率を使う意味ないじゃない?と思いませんか?

軽減税率はやるだけ無駄

そうなんです。
軽減税率は事務負担が大きく、煩雑で間違えも多く発生する割に低所得者に対して、効果が出にくいのです。

これ、税理士ならみんな知っている事で、今からでも変えて欲しいと思っている事の1つです。

施行してしまってからでは後戻りできません。それがわかっているのに何もできないのは、もどかしいことです。

政治家の人に、頑張ってもらいたいものです。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.