消費税改正に向けて〜税率のこと〜

現行の消費税の税率は8%ではありません。
8%というのは
消費税 6.3%
地方消費税 1.7%
の合計で厳密にいうと消費税等です。
消費税の申告書を書こうとして最初につまずくのがこの辺りです。

過去の消費税の率は?

ちなみに、5%だった頃
(1997/4/1-2014/3/31)の消費税等は
消費税 4%
地方消費税 1%
でした。

3%だった頃(1989/4/1-1997/3/31)は地方消費税が無かったので、純粋に消費税でした。
今から考えると、導入当時は非常にわかりやすかったのです。

これからどうなるか

では、10%になった時の消費税はどうなのでしょうか?
消費税 7.8%
地方消費税 2.2%
となります。

10%になるのと同時に軽減税率(8%)が適用されます。この8%がくせもので、従来の8%とは内容が異なります。
どういうことかというと、
消費税8%を10%の比率で按分しています。

それで
消費税 6.24%
地方消費税 1.76%
と細かくなってしまいます。

どんどん複雑になる

10%に増税直後は、
従来の8%税率のものと、
軽減税率8%のものと
標準税率10%が混在してしまいます。

計算はコンピュータが行うから大丈夫というわけにも行きません。人間の操作が必要になります。

私知りませんというわけにはいきません。間違えばあとでペナルティーがかかります。

経理を扱う仕事をしている人の肩こりがまたひどくなりそうです。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.