財産を相続しないのと放棄は違う

財産を相続しない

相続税の申告のご相談の時に「私は相続を放棄します」という方がいるのですが、話をよくよくお聞きすると、実際には相続を放棄したのではなく、相続財産をもらわないことにした、というだけの話だったということがあります。
実は、このやり方は、危険を伴います。財産を相続しないのなら、面倒くさがらずに相続の放棄の手続きをしておかなくてはいけません。

財産の相続

民法第896条(相続の一般的効力)では、相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。と規定しています。
ひらたく言うと、相続人は原則的には亡くなった人の財産だけでなく、借金も、義務も、一切合切承継するということです。これは遺産分割の時に財産をもらっても、もらわなくても関係ありません。
このあたりに問題があって、遺産分割協議書の中で、財産を相続しなかったとしても、後になって出てくることも沢山あるのです。

遺産分割協議書に記載すれば大丈夫か?

遺産分割協議書の最後に、なお書きで、

なお、上記に掲げる遺産及び債務以外に被相続人〇〇にかかる遺産及び債務の存在が判明した場合には、新たに判明した遺産及び債務は相続人●●が承継するものとする。

といった文言を記載すれば大丈夫だと思われがちですが、そうとも限りません。遺産分割協議書はあくまでも相続人の間での取り決めであって、相続の放棄をしない限り、財産の取得がなかったからと言って債務が免除されるわけではないのです。

相続の放棄

よくあるのが、他家に嫁いだ妹は財産を相続しないで兄に全部相続してもらうというケースです。こんなケースでは、必ず家庭裁判所で相続の放棄の手続きをしましょう。
なくなった両親には借金なんてないと思っていても、ことによると誰かの借金の連帯保証人になっていないとも限らないのです。相続の放棄をしなかったがために、あとになってから借金に追い立てられたりすることもあり得るのです。そのせいで離婚沙汰になることだってありますから怖いんです。
(明日に続く)

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.