甘酒

美味しい甘酒まずい甘酒

寒くなると、美味しい甘酒が飲みたくなります。甘酒が嫌いという人も結構いますが、実は甘酒って素になる酒粕次第で美味しかったりまずかったりします。美味しい甘酒に出会ったことがないというだけの人も、いるのではないかと考えています。

豊島屋酒造の蔵開き

初めて甘酒が美味しいと思ったのは、毎年11月に行われる豊島屋酒造の蔵開きのお祭りに行った時でした。
その時は、イベントがあって、イベントに参加すると酒粕をプレゼントという設定だったと思います。
もらった酒粕ですが、そもそもそんなに好きじゃないくて、でももらっちゃったから、甘酒を作ったんです。
そうしたら美味しくて、まだ小さかったうちの子供達も喜んで飲みました。
それからなんです。毎年寒くなると甘酒を飲むようになったのは。
今年の豊島屋酒造の蔵開きは明日、11月4日に行われるそうです。リンクを貼っておきます。
http://www.toshimayasyuzou.co.jp/sp/index.html

青森の豊盃の酒粕

青森には時々行くのですが、その時にお土産のお酒というと、なかなか手に入らない豊盃が有名です。個人的にはじょっぱりの方が好きですが、豊盃の方が好きという人も多いです。
この豊盃の酒粕が飯田橋にある青森北彩館に置いてあるのを、先日見つけました。荷物になるなと思いながらも、気になって買って帰りました。何種類かあったのですが、とりあえずいちばん安いもの。でもそんなに安くありません。
しかもこの酒粕は珍しくベージュ色をしています。
今朝寒く感じたので、この酒粕で甘酒を作ってみたところ、満足できる味に仕上がりました。

甘酒の作り方

甘酒って本当に簡単に作れます。
買ってきた酒粕を一晩水につけてふやかしてから、火にかけて溶かして、好みの量の砂糖で甘みをつけるだけです。
どの酒粕とどの砂糖を使うかで味が決まります。
私は焦げるのが嫌なので砂糖は飲む時に入れます。
今回使った豊盃の酒粕は、固くなかったので、お水で溶いてすぐに火にかけることができました。
近年、寒い時期にスーパーに行くと、複数の種類の酒粕が置いてあるところがあります。
少し高めの酒粕で味比べするのも良いものです。
酒粕は、冷凍保存もできますから、何回かに分けて作るのがおすすめです。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.